妊娠中の脱毛はなぜできないの?

綺麗な無駄毛のない肌を作りたいと思うのは、女性にとっては永遠の願いだと言ってもいいでしょう。普段の生活の中で、時間を作って脱毛をしにいくのは大変ですから、妊娠中の時間のある時にやっておきたいと考える方も少なからずいます。けれども、多くのエステサロンや美容クリニックでは、その時期の脱毛は断られてしまう事が殆どです。

施術自体は子宮や胎児に悪影響を与えるわけではないのですが、断りがあるということは理由があるからです。サロンやクリニックでの脱毛は光やレーザーを肌に直接当てていきます。特にレーザーはかなりの痛みを伴いますので、この時の痛みが陣痛を誘発したりする可能性がありますし、施術中のちょっとしたストレスが母体にはよくないのです。

妊娠中は女性のデリケートな体がさらに繊細な状態になります。お母さん一人だけの体ではありませんから、大切なお子さんにも何らかの影響があると考えた方がいいでしょう。自分は痛みがあっても大丈夫だと思っていても、施術を行う側としてはそういった「万が一」のトラブルが起こったときの対処が出来ないことも多いので、控えるようにおすすめされたり断られる事になるのです。

もしもこれから脱毛をしたいと考えているのであれば、妊娠する計画があるかどうかも考えた上で予定を立てておくといいでしょう。複数回の契約をする時には、突然の妊娠がわかった時のために、途中で休止や延長が出来るかどうかも聞いておくとお金や施術回数を無駄にしません。また、サロンに通っている最中に妊娠が分かった時にはすぐにサロンに連絡するようにしましょう。その上で、どのように脱毛を続けていけばいいのかも相談をし、必要に応じて継続や休止、返金などを話し合ってください。